スポンサーリンク

【こどものお気に入り絵本】『こやぎが ぴょんぴょん』を読んでみた感想。

読み聞かせ絵本
この記事は約2分で読めます。
ぴょんちき
ぴょんちき

毎晩寝る前にこどもたちに絵本の読み聞かせをしています📚読んだ絵本の記録もかねて、こどもたちの『お気に入りの絵本』を1冊紹介します🎵絵本選びの参考になれば幸いです💛

 

 

今回は『こやぎが ぴょんぴょん』について紹介したいと思います。

こやぎが ぴょんぴょん
田島 征三 作
(福音館書店)

こやぎが ぴょんぴょん|福音館書店
こやぎが ぴょんぴょん。子どもたちに長く読み継がれる絵本・童話・科学書を作り続けている福音館書店の公式サイト。

いつも絵本を読んでいて思うのですが、『こどものとも0.1.2.』シリーズの絵本って本当にこどもの心が分かってるな~って思う絵本が多いです!(※個人の感想です💦)

ぴょんちきは現代的なきれいな絵の絵本を選びがちななんですが(すみません💦)、『こやぎがぴょんぴょん』のように温かみのある崩した絵の絵本も結構子供は好きなんだなーって色々な絵本を読んでいて気がつきました。

色使いとかに惹かれるのかな??

この『こやぎがぴょんぴょん』の絵本は絵も内容もシンプルで面白い本だなーと思います。

主人公のこやぎがぴょんぴょんしてるだけの絵本なんですが・・・

子供たちが爆笑!!(笑)

ぴょんちきもこどもたちも1回目読んだときは面白さに気づかず、『なんのこっちゃ!?』な感じだったのですが、こやぎちゃんが他の虫や動物たちのまねをしていることに気づき・・・『そういうことか!』と(笑)

変な絵だなー(失礼💦)と思っていましたが、こやぎちゃんが『忠実にまねっこ』していることに気づいてからは、毎回読むたびに親子共々爆笑しています(笑)

1歳、3歳、5歳の娘たち全員がアンコールする程ハマった絵本のひとつです。(毎日5回は読みました💦(笑))

読んでいるうちに見ているだけではおさまらなくなってきて、こどもたちもこやぎちゃんのまねをし始めました💦

『これはできないよ~(笑)』とゲラゲラ笑いながら頑張ってまねをしていました。

『こどもの心を鷲掴み』な絵本です💛

ただし、寝る前に読む絵本としてはおすすめできません(笑)(興奮して全然寝ない💦)

昼間に読んだ方がいいかなーと思います!

短くてサクッと読める絵本なので、見つけたらぜひこどもと読んでみてください🎵

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました